ルーシーダットンの歴史

ルーシーダットン(タイ式ヨガ)の歴史についてですが、

タイでは昔、山にこもって瞑想をしたりして修行をする人々がいたといわれています。修行(しゅぎょう)とは、仏教用語で、財産・名誉・性欲といった人間的な欲望(相対的幸福)から解放され、生きていること自体に満足感を得られる状態(絶対的幸福)を追求することを指します。怒り・怨み・妬み・憎悪といった、マイナスの感情も破棄しなければなりません。

1人で森や山にこもって修行をする修験者たちは、長い時間同じ姿勢をとらなければならず体の各部がこったり、痛んだりしました。これらの症状を自己で軽減するために修験者たちによって編み出されたものが効くと人から人へ伝えられていき、普通の人がこれを発見したと思われます。

ルーシーダットンとインドのヨガを比べて見たら、その型の中に大きな違いがあることがわかっています。タイのものはヨガと比べて、かなり単純で実技が容易なものが多く、ほとんどは似ていないことがわかりました。

実際に80のタイの型の内、1つは中国の太極拳に似たものがあり、1つはヨガに似たものがあり、2つが両者に似ていますが、おそらくは、この3つの文明が過去に何らかの接触をし、知識が交換されたのであろうと思われます。

ルーシーダットンはタイに伝わる、ストレッチと体操をあわせたようなスタイルの健康法。タイ語で「ルーシー」は仙人、「ダッ」は伸ばす、「トン」は自分で、を意味する。タイの修行者が自分自身の健康維持のために役だてていた健康法といわれている。

タイ式マッサージの施術前に体を温める準備運動として導入されるようになった。独特のポーズと呼吸がリンパ液と血液の流れを促し、内臓を強化するなど、均整のとれた体をつくる効果があるという。カルチャーセンターなどに教室が増え、口コミで広がり始めている。しかし、本国のタイでは一般の国民に知られているわけではなく、タイ保健省衛生局の援助による民間主導のプロジェクトが、散逸していた資料を集めて体系化を進めている段階です。
posted by ルーシー at 04:48 | ルーシーダットンって?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。